介護支援専門員(ケアマネージャー)
介護支援専門員(ケアマネージャー)とは?
介護支援専門員とは、要介護者等からの相談やその心身の状況に応じ、適切なサービスが受けられるように必要な援助を行う専門家です。
難易度 普通。合格率は30%程度。
就職 特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床群等の介護保険施設や居宅介護支援事業者など。実際に活動できているケアマネジャーは少なく、今後も多く需要があり、多くの施設などで必要とされています。
仕事内容 要介護者及び要支援者の個々に解決すべきニーズを把握し、利用者の状態に適した介護サービスを提供するサービス利用計画の作成・管理などの介護支援サービスおよびケアマネジメント、家族への連絡調整などを行います。
受験資格
  1. 医師、歯科医、薬剤師、保健婦、保健士、助産婦、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義足装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、はり師、きゅう師、栄養士(営養管理士を含む)、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、精神保健福祉士の資格を持ち、福祉・医療等の施設で5年以上の職歴がある者。
  2. 資格ない人でも、所定の福祉施設での介護等に従事した機関が10年以上の者。
    (試験に合格後講習を受けてから、各知事から任命され、資格を取得できます。)
  3. 所定の福祉施設における相談援助業務に従事した期間が通算5年以上の者。
  4. 訪問介護員養成研修修了者で介護等の業務に従事した期間が通算5年以上の者。
試験内容 ●介護支援分野
①基本視点、②介護保険制度、③要介護・要支援認定特論、④介護支援サービス機能・要介護認定方法論
●保健医療福祉サービス分野
①高齢者の身体的・精神的特長と高齢期の疾病・障害、②訪問介護方法論、③通所介護方法論、④短期入所生活介護方法論、⑤福祉用具、住宅改修方法論、⑥指定介護老人福祉施設サービス方法論、⑦公的サービス、社会資源導入方法論。など
 ※保健・医療・福祉関係の有資格者は、所有資格の種類によって一部科目免除があります。
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 毎年一定していませんが通常10月に行われれています。
受験地 受験者が就業している勤務地の都道府県。就業地がない場合は、住所の都道府県。
受験料 各都道府県ごとに異なります。6,000円〜10,000円ほど。
合格発表日 受験日から約1ヶ月後