福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターとは?
福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して、バリアフリーの住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。
難易度 1級は5%台とかなり難しい。2級25%、3級40%程度。
就職 設計事務所、建設会社、住宅設備メーカー、老人福祉施設、福祉機器メーカーおよびショールームなど。高齢者や障害者のための住まい作りにおいて、様々な分野で資格取得者が求められており、在宅介護の増加やバリアフリー住宅・建築のニーズの高まりなどにより、今後もさらに必要性が増すものと思われます。
仕事内容 相談者の状態に合わたバリアフリー住宅へのコーディネート(新築、建て替え、リフォーム)や福祉用具、福祉施策、福祉用具、介護用品、保険サービスなどの情報提供についてのアドバイスなど行います。
関連URL 東京商工会議所検定センター
受験資格 ●1級・・・・2級の合格者
●2級・・・・特になし。
試験内容 ●1級
①福祉社会に向けての住環境整備の必要性、②福祉住環境コーディネーター1級の役割、③地域で支える高齢者ケア、④地域で支える障害者ケア、⑤地域福祉の推進と福祉のコミュニティづくり、⑥福祉のコミュニティづくり、⑦ユニバーサルデザインの概念および沿革、⑧ユニバーサル環境の整備手法、⑨高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ、⑩高齢者向け居住施設の種類と機能、⑪障害者向け住宅および施設の種類と機能
●2級
①高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境、②福祉住環境コーディネーターの役割と機能、③障害のとらえ方、④リハビリテーションと自立支援、⑤高齢者・障害者の心身の特性、⑥在宅介護での自立支援のあり方、⑦高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備、⑧障害別にみた福祉住環境整備、⑨福祉住環境整備とケアマネジメント、⑩福祉住環境整備の進め方、⑪福祉住環境整備関連職への理解と連携、⑫相談援助の実践的な進め方、⑬福祉住環境整備の共通基本技術、⑭生活行為別福祉住環境整備の手法、⑮建築図面の読み方と建築関係法規の基礎、⑯福祉用具の意味と適用、⑰生活行為別にみた福祉用具の活用
●3級
①少子高齢社会と共生社会への道、②福祉住環境整備の重要性・必要性、③在宅生活の維持とケアサービス、④健康と自立、⑤障害者が生活の不自由を克服する道、⑥バリアフリーとユニバーサルデザインを考える、⑦生活を支えるさまざまな用具、⑧安全・快適な住まいの整備、⑨ライフスタイルの多様化と住まい、⑩安心できる住生活支援、⑪安心して暮らせるまちづくり
願書申込み受付期間 ●1級・・・・9月上旬〜10月上旬頃まで
●2級・3級・・・・4月下旬〜5月下旬頃まで、9月上旬〜10月上旬頃まで(年2回)
試験日程 ●1級・・・・11月下旬頃
●2級・3級・・・・7月中旬、11月下旬頃(年2回)
受験地 全国各地の商工会議所
受験料 ●1級・・・・10,500円
●2級・・・・6,300円
●3級・・・・4,200円
合格発表日 ●1級・・・・翌年3月下旬頃
●2級・3級・・・・1月上旬、8月下旬頃(年2回)