手話通訳士
手話通訳士とは?
手話通訳士とは、聴覚障害者とのコミュニケーションの橋渡しをする重要な役割を担う専門家です。
難易度 難しい。合格率は10〜15%程度。
就職 福祉事務所や民間施設、医療施設、ボランティア施設など。ボランティアが中心ですが、近年福祉社会になっている現在、会議や講演会、窓口接客などで採用を行うところも増えてきています。十分な経験を積み上げれば、関連施設などに採用され収入も安定します。
仕事内容 さまざまな情報を手の動きによって伝達し聴覚障害者と健聴者とのコミュニケーションをはかるバリアフリー社会での重要な仕事です。
関連URL 社会福祉法人聴力障害者情報文化センター
受験資格 20歳以上の(実施年度末までに20歳に達する者を含む)者。
試験内容 ●学科試験(四肢択一方式)
①障害者福祉の基礎知識、②聴覚障害者に関する基礎知識、③手話通訳のあり方、④国語
※前回、前々回に1次試験に合格している者については、申請により、1次試験が免除されます。
●実技試験
①聞き取り通訳・・・・音声による出題を手話で解答
②読み取り通訳・・・・手話による出題を音声で解答
願書申込み受付期間 5月上旬〜6月下旬頃まで
試験日程 ●学科試験・・・・10月中旬頃
●実技試験・・・・10月中旬頃
受験地 ●学科試験・・・・東京、大阪、熊本
●実技試験・・・・東京、大阪、熊本
受験料 18,000円
合格発表日 1月下旬頃