BATIC(国際会計)検定試験
BATIC(国際会計)検定試験とは?
BATIC(国際会計)検定試験とは、国際コミュニケーションのための、ビジネスの共通言語としてのアカウンティングの習得レベルを認定する検定試験です。
難易度 やや難しい〜普通。1000点満点で何点獲得できたかによって評価されます。Subject2は簿記1級のレベルに近いので、簿記1級へのステップアップが望めます。
就職 外資の経理部門や外国と取引のある会社など。外資系企業が多くなっている現在、金融市場の自由化・インターネットの普及により国境を越えた資金調達や企業間取引が活発になっており、英文会計が必要になると思われます。一般的に派遣レベルならSubject1だけで対応できます。
仕事内容 財務諸表や税務申告書の作成、予算の作成、資金繰り、資金活用、経営判断などの会計知識を行います。
関連URL 東京商工会議所検定センター
受験資格 制限なし
ただし、Subject2のみの受験は、過去Subject1で320点以上の取得者となります。
試験内容 ※得点に応じて、以下のレベルが与えられます。
 □Subject1(英文簿記)
①勘定科目、②借方と貸方、③仕訳帳、④元帳、⑤売上取引、⑥仕入取引、⑦入金取引、⑧出金取引、⑨返品、⑩割引⑪手形、⑫利子付手形、⑬コラムナー現金出納帳、⑭小口現金出納帳、⑮内部統制、⑯バウチャーシステム、⑰統括勘定、⑱売掛金明細及び買掛金明細、⑲試算表の作成、⑳会計の構造 など
 □Subject2(国際会計理論)
①財務報告と会計基準、②財務諸表、③時間価値、④現金預金、⑤売掛債権、⑥収益認識、⑦棚卸資産、⑧有形固定資産及び減価償却、⑨無形固定資産、⑩投資:負債証券と持分証券、⑪負債、⑫内部統制、⑬株主持分、⑭繰延税金、⑮キャッシュフロー計算書、⑯会計上の変更および誤謬の訂正、⑰リース会計、⑱年金会計、⑲企業結合/連結財務諸表、⑳デリバティブ など
願書申込み受付期間 5月上旬〜6月上旬頃まで
10月上旬〜11月上旬頃まで
試験日程 7月中旬、12月中旬頃
受験地 全国主要都市で実施
受験料 同時受験・・・・9,870円
Subject1(英文簿記)のみ・・・・5,250円
Subject2(国際会計理論)のみ・・・・7,770円
合格発表日 2月上旬、8月下旬頃