ディジタル技術検定
ディジタル技術検定とは?
ハードとソフト、デジタルと幅広いコンピュータ操作能力を検定する試験。
難易度 普通。合格率は4級80%、3級50%、2級30%、1級は0%の時もあります。
就職 1級取得者は就職は可能です。それ以下はほとんど無理。情報処理国家資格やベンダー、ベンダーニュートラルなどの情報処理資格と合わせて取得するのをお勧めします。
関連URL (財)実務技能検定協会
受験資格 制限無し
試験内容 ●1級情報部門
①情報処理システムに必要な情報処理理論・情報通信理論
②計算機・計算機関連機器の構造
③マンマシンインターフェース知識、プログラム作成
④システムプログラム・応用パッケージの適用領域知識
⑤ソフトウェア生産管理・システム構成論
⑥ネットワークの設計・選定
⑦情報処理システムの導入・運用
●1級制御部門
①回路理論・アナログ電子回路
②論理設計理論・自動制御理論
③通信システム
④計測・制御機器
⑤計算機・計算機関連機器
⑥ハードウェア対応のプログラム作成
⑦制御システム設計・運用
⑧計算機応用機器概要
●2級情報部門
①情報処理理論・情報通信理論の知識
②ファイル設計・データ構造の基本知識
③計算機本体装置知識
④計算機周辺機器知識
⑤計測・制御ソフトウェア知識
⑥数値解析手法原理
⑦プログラミングの設計、試験・運用
⑧システム構成のソフト知識
●2級制御部門
①電子素子・電子回路知識
②アナログ・ディジタル変換知識
③論理設計知識、論理回路設計
④計測・制御機器知識
⑤計算機・計算機関連機器
⑥補助記憶装置・入出力装置知識
⑦ソフトウェア知識
⑧ディジタル応用機器概要
●3級
①電子部品・電気回路の基礎知識
②アナログ・ディジタル変換知識
③2進数、10進数、16進数の演算・相互変換
④論理回路知識
⑤計測・制御機器・素子の知識
⑥計算機の構成・制御の知識
⑦ソフトウェア知識
⑧コンピュータの利用方法
●4級
①理科・技術の知識
②アナログ・ディジタル知識
③2進数の演算
④ディジタル論理素子知識
⑤電気・物理変換の原理的な知識
⑥計算機の構成・制御の知識
⑦ソフトウェア用語
⑧計算機応用機器の操作
●5級
①コンピュータの基本知識
②ソフトウェア知識
③コンピュータ応用知識
願書申込み受付期間 ●1級
  9月下旬〜10月中旬頃まで
●2級〜5級
  4月下旬〜5月中旬頃まで、9月下旬〜10月中旬頃まで
試験日程 ●1級・・・・11月第4日曜日
●2級〜5級・・・・6月、11月の第4日曜日(2回)
受験地 北海道、宮城、山形、福島、東京、山梨、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、徳島、香川、愛媛、福岡、長崎、鹿児島
受験料 ●1級・・・・6,500円(情報、制御部門同時受験の場合は13,000円)
●2級・・・・5,000円
●3級・・・・4,000円
●4級・・・・3,000円
●5級・・・・2,000円
合格発表日 試験日より40日以内に通知