毒物劇物取扱責任者
毒物劇物取扱責任者とは?
毒物劇物取扱責任者とは、毒物劇物を実際に取扱う上での安全確保について保健衛生上の危害の防止に当たる責任を持つ技術者です。
難易度 普通。合格率は一般42%、農業用品目30%、特定品目37%ほど。
就職 塗料、染料、農薬などの製造・輸入・販売業者、薬局、メッキ工場など。業種によっては必要不可欠な資格とされており、取得しておくことで就・転職、給料面でも有利なると思われます。
仕事内容 毒物劇物の管理方針の策定、管理計画及び作業場の改善計画の策定、作業場の構造設備の適正な維持の指導・監督などを行います。
受験資格 制限無し。
ただし、次に掲げる者は、合格しても、以下欠格事項が消滅するまでは毒物劇物取扱責任者となることは出来ない。
  1. 年齢が18歳に満たない者。
  2. 精神病者または麻薬、大麻、あへん、もしくは覚醒剤の中毒者。
  3. 目が見えない者、耳が聞こえない者、口がきけない者または色盲の者。
  4. 毒物もしくは劇物又は薬事に関する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受ける事が無くなった日から起算して3年を経過していない者。
試験内容 ※試験区分
 一般、農業用品目、特定品目、内燃機関用メタノールのみの取扱に係る特定品目
●筆記試験
①法規、②基礎化学、③毒物・劇物の性質、④取扱い・貯蔵知識
●実地試験
①取扱い方法、②毒物・劇物の識別
願書申込み受付期間 各都道府県により異なります。詳しくは、実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 各都道府県により異なります。詳しくは、実施先までお問い合わせ下さい。
受験地 各都道府県
受験料 各都道府県により異なります。詳しくは、実施先までお問い合わせ下さい。
合格発表日 各都道府県により異なります。詳しくは、実施先までお問い合わせ下さい。