犬訓練士
犬訓練士とは?
犬訓練士とは、将来警察犬として働く犬や盲導犬、介助犬などの飼育、訓練、管理等についての知識と技術を認定する資格です。
難易度 普通。合格率は100%。
就職 訓練協会、ペットショップ、ドッグトレーナーなど。犬好きが大前提だが、犬の世話から管理まですべての時間を犬の訓練に向けなくてはならない。ただの犬好きだけでは、とても務まらない職業です。
仕事内容 犬の訓練はもちろんのこと、飼育・管理を行います。
関連URL (社)ジャパンケンネルクラブ
受験資格 ※18歳以上で、中学校卒業以上の者が入所することができ、3等訓練士より受験していきます。
3等訓練士の受験資格は以下のとおりです。
  1. 訓練所での見習い期間中に5頭以上の訓練実績がある者。
  2. (社)日本警察犬協会会員の者
※訓練所に入所するには?
18歳以上の者が、以下の書類を添え、保護者の了解を得て協会に申し込みます。
①訓練士希望の理由、②現在の自分の状況、③入所希望地域、④入所希望時期、⑤将来のこと
試験内容 ①犬に関する心得、②犬学概論、③訓練法、④繁殖、⑤飼育管理、⑥生理衛生、⑦法令・規則
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 希望者が集まり次第、実施しています。(年5〜6回位)
受験地 協会本部、各地の支部で実施
受験料 10,000円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。