医療福祉環境アドバイザー
医療福祉環境アドバイザーとは?
これからの少子高齢化社会を支えていく病院や老健施設、乳幼児施設、その他多くの医療福祉施設において、「環境管理」を柱とした知識と技術を有し、現場で安全対策管理やリスクマネジメントを推進できるスペシャリストを認定する資格です。
難易度 やや、やさしい。合格率は1級85%、2級75%、3級70%ほど。医療福祉従事者が数多く受験しています。
就職 病院・福祉施設など。看護・介護の質の向上、リスクマネージメント対策能力が認定されますので、病院・福祉施設の就職・転職活動の際、PRできます。
仕事内容 医療機関や福祉施設において、感染対策や環境への安全対策などを行う。
関連URL 内閣府認証 特定非営利活動法人 日本医療環境福祉検定協会
受験資格 制限なし
試験内容 ●1級
  1. 感染予防と対策に関する専門知識
    ①ウイルス学Ⅱ、②免疫のメカニズムとアレルギー、③事例で学ぶ高齢者介護施設の感染予防実践マニュアル、④感染防止対策のための組織作り
  2. 環境キーピング
    ①施設内汚染防止
  3. メンタルケア
    ①心理学、②心身医学、③カウンセリング、④環境セラピー
●2級
  1. 感染予防と対策に関する応用知識
    ①ウイルス学Ⅰ、②HACCP基本
  2. 環境キーピング
    ①MRSAの基本的な対策、②消毒剤の基礎知識と感染対策清掃管理
  3. メンタルケア
    ①スタッフマナー基本、②環境セラピー(音楽・園芸療法)
●3級
  1. 感染予防と対策に関する基礎知識
    ①感染症名や感染経路、感染管理におけるサーベイランス、②感染を引き起こす微生物の基礎知識、③感染症法についての理解
  2. 環境キーピング
    ①手洗いによる基本的な予防策や標準予防策、②消毒・清浄度ゾーニング、③クリーンメンテナンス
  3. メンタルケア
    ①医療従事者のコミュニケーション、②代替医療やセルフケアの一環である環境セラピー
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 3月中旬、7月中旬、11月中旬頃
受験地 東京、名古屋、大阪、福岡
受験料 ●1級・・・・15,750円
●2級・・・・10,500円
●3級・・・・7,350円
合格発表日 試験から約1ケ月以内