救急法救急員・水上安全法救助員グ
救急法救急員・水上安全法救助員とは?
救急法救急員・水上安全法救助員とは、救助に使用する泳法や救助法、応急手当などの正しい知識、技術を持ったスペシャリストです。
難易度 やさしい。ほとんどの方が合格します。
就職 ボランティアとして活躍できます。災害や事故などで病人やけがをした人の救命率の向上を図るボランティアの必要性が社会的にも必要とされており、就職につながらなくても、是非取得しておきたい資格です。
仕事内容 災害や事故で心肺蘇生の必要な人や、きずと止血、包帯、骨折・脱臼・捻挫などの救急救命処置を行います。
関連URL 日本赤十字社
受験資格 ●救急法救急員・・・・15歳以上の者。
●水上安全法救助員・・・・18歳以上で、一定以上の泳力を有する者。
試験内容 ●救急法救急員(18時間)
①赤十字救急法、②心配蘇生法、③傷と止血、④包帯、⑤骨折、脱臼、捻挫、⑥急病、⑦運搬、⑧救護
●水上安全法救助員(18時間)
①赤十字水上安全法、②水と生活、③水の事故防止、④泳ぎの基本・自己保全、⑤救助、⑥応急手当
●雪上安全法救助員(18時間)
①赤十字雪上安全法、②雪上の安全、③ゲレンデの環境、④事故防止、⑤雪上安全法における応急手当、⑥赤十字スキーパトロール、⑦スキーパトロールに必要な技術、⑧雪上におけるロープ操作
●雪上安全法救助員(18時間)
①赤十字家庭看護法、②健やかな老年期を過ごすに当たって、③自立に向けての介護、④日常生活における介護の実際、⑤家庭における看護の実際
●幼児安全法救助員(18時間)
①赤十字幼児安全法、②こどもについて、③こどもに起きやすい事故の予防と手当について、④こどもの病気と看病のしかたについて、⑤子育てにおける社会資源の活用について
願書申込み受付期間 実施先にお問い合わせ下さい。
試験日程 実施先までお問い合わせ下さい。
受験地 全国各地の日本赤十字社各支部で実施
受験料 実施先までお問い合わせ下さい。
合格発表日 講習で取得。