色彩士検定
色彩士検定とは?
色彩士検定とは、職業や実際生活における色彩の重要性に鑑み、色彩に関わる職業や、色彩を実際生活において活用しようとする人々に対し、色彩の知識・造詣・認識・能力についての能力を認定する資格です。
難易度 普通。合格率は1級20%、2級50%、3級65%ほど。
就職 インテリア、ファッション、グラフィック、環境などのデザイン関係の企業。ファッションなどの業界では色調センスを持った人を求めていますので、就・転職の際にアピールできます。その他、営業や企画・広報、マーケティングなどにも幅広く受け入れられています。
仕事内容 ファッションやスタイリングに関するカラーコーディネーション、商品開発・提案、建築・インテリアなどにかんしての色彩コンサルティングを行います。
関連URL 色彩士検定委員会事務局
受験資格 ●1級・・・・2級の有資格者
●2級・3級・・・・制限なし
試験内容 ●1級
  1. 専門学校、短大、大学を卒業後、色彩に関する仕事、研究に2年以上従事したレベル
  2. 色彩設計におけるイメージコンセプトと色彩のビジュアル表現におけるプレゼンテーション能力
●2級
①色の文化・歴史、②色彩の分類システム③データ分析
●3級
①色のなりたち、②混色、③表示方法、④色の知覚や心理効果、⑤色彩調和など
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 ●1級・・・・1月中旬(理論)、9月中旬頃(実技)
●2級・・・・1月中旬
●3級・・・・1月中旬、9月中旬頃
受験地 北海道、宮城、山形、福島、群馬、埼玉、東京、新潟、石川、静岡、大阪、兵庫、島根、岡山、広島、福岡、宮崎、沖縄
受験料 ●1級・・・・10,000円(理論)、20,000円(実技)
●2級・・・・6,500円
●3級・・・・5,000円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。