ビジネス会計検定試験
ビジネス会計検定試験とは?
財務諸表に関する会計基準、諸法令、構造などの知識や分析を通して、財務諸表が表現する企業の財政状態、経営成績、キャッシュ・フローの状況などを判断できる能力を問う試験です。
難易度 簿記検定よりも少し易しめ。合格率は3級87%ほど。
就職 お金の流れ、経営状態、情報分析など会計情報に関する知識・スキルは社会的に求められているので、就職には有効。但し履歴書に書くには最低2級以上欲しいところ。
仕事内容 経理財務に関わる各部署との連絡・報告・共有など 月次・半期決算に伴う業務や入出金管理、ファイナンス・コンサルティング、資産運用・管理などを行います。
関連URL 大阪商工会議所 ビジネス会計検定試験センター
受験資格 制限なし
試験内容 ●1級
詳細未定
●2級
①会計の意義と制度、②貸借対照表、③損益計算書、④株主資本等変動計算書、⑤キャッシュ・フロー計算書、⑥財務諸表分析
※連結財務諸表もふくめ出題する。
●3級
①財務諸表とは、②貸借対照表、③損益計算書、④財務諸表分析
※個別財務諸表をもとに出題する。
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 ●1級・・・・未定
●2級・・・・2月上旬頃
●3級・・・・7月下旬、2月上旬頃
受験地 東京、大阪
受験料 ●1級・・・・未定
●2級・・・・6,300円
●3級・・・・4,200円
合格発表日 9月上旬頃、3月中旬頃