Excel表計算処理技能認定試験
Excel表計算処理技能認定試験とは?
Excel表計算処理技能認定試験とは、グラフ・マクロなどの機能を使用し、ビジネス社会で要求されるMicrosoft Excelで表計算処理の作成能力とビジネス実務への展開能力を認定を行う資格です。
難易度 やや、やさしい。合格率は不明です。
就職 ExcelやWordなどは使えるのが当たり前とされているので、この資格だけでは就職は難しい。働きたい業種の資格も合わせて取得しておきたい。
関連URL ビジネス能力認定サーティファイ
受験資格 制限なし
試験内容 ※知識試験・・・・ビジネス帳票およびMicrosoft Excelに関する操作知識
※実技試験・・・・Microsoft Excelの操作によるxlsファイル等の作成、編集
●1級・2級
①作業環境、②環境の設定と変更、③基本操作(セル)、④基本操作(データ編集とオートフィル)、⑤関数と計算、⑥基本関数と計算、⑦グラフ機能、⑧マップの挿入、⑨オブジェクト、⑩データベース機能、⑪入出力、⑫マクロ、⑬Excelの高度な機能
●3級
①作業環境、②基本操作(セル)、③基本操作(データ編集とオートフィル)、④関数と計算、⑤基本関数と計算、⑥グラフ機能、⑦オブジェクト、⑧データベース機能、⑨入出力
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 試験会場により異なります。各試験会場にご確認下さい。
受験地 全国各地で実施
受験料 ●1級・・・・7,500円
●2級・・・・6,400円
●3級・・・・5,300円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。