医療秘書技能検定
医療秘書技能検定とは?
医療秘書技能検定とは、医療秘書として事務面における専門的な援助と各部内の連絡調整を果たす専門知識と技能を認定する資格です。
難易度 普通。合格率は1級10%、準1級20%、2級45%、3級70%ほど。
就職 病院、医院など。医療に関する雑務を医師の代わりに行う事務員は、必要とされていて、病院関係の事務職への就職を希望する人には、必須の資格。
仕事内容 患者が安心して治療を受けられるように応対、受付、診断書・証明書作成、ファイリング、パソコン・ワープロ業務、事業目的、病院報告書作成、レセプト作成などを行います。
関連URL 医療秘書教育全国協議会
受験資格 制限なし
試験内容 ●1級〜3級
  1. 医療秘書実務・・・・患者応対、受付、診断書、証明書作成など
  2. 医療機関組織・運営・・・・事業目的、病院報告書作成など
  3. 医学・医療知識・・・・臓器機能、症状、治療法、検査名称、看護業務
  4. 医療事務・・・・レセプト作成など
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 6月上旬、11月上旬頃(年2回)
受験地 全国各地で実施
受験料 ●1級・・・・5,100円
●準1級・・・・4,500円
●2級・・・・3,800円
●3級・・・・2,800円
●1級・準1級併願・・・・9,600円
●準1級・2級併願・・・・8,300円
●2級・3級併願・・・・6,600円
合格発表日 受験日より、約1ヵ月半後位