情報処理検定
情報処理検定とは?
コンピュータのハードウェアやソフトウェアに関する知識、ビジネスにおける実務的表計算ソフトウェアの活用やデータベースソフトウェアの活用、プログラミングに関する技能をはかる検定が情報処理検定です。
難易度 普通。合格率は1級20%、2級50%、3級60%ほど。
就職 この資格取得で即就職は難しい。基本情報処理の腕試しに受験するのがいいでしょう。
関連URL 全国商業高等学校協会
受験資格 制限なし
試験内容 ●1級
 ◇ビジネス情報部門
①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関する知識、③セキュリティに関する知識、④ビジネス情報関連知識、⑤表計算ソフトウェアの活用、⑥データベースソフトウェアの活用
 ◇プログラミング部門
①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関する知識、③セキュリティに関する知識、④プログラミング関連知識、⑤アルゴリズム、⑥プログラム言語
●2級
 ◇ビジネス情報部門
①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関する知識、③情報モラルとセキュリティに関する知識、④表計算ソフトウェアの活用、⑤データベースソフトウェアの活用
 ◇プログラミング部門
①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関する知識、③情報モラルとセキュリティに関する知識、④プログラミング関連知識、⑤アルゴリズム、⑥プログラム言語
●3級
①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関する知識、③情報モラルとセキュリティに関する知識、④表計算ソフトウェアに関する知識、⑤データベースソフトウェアに関する知識
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 1月下旬、9月下旬頃
受験地 全国各地で実施
受験料 ●1級・・・・各部門1,500円
●2級・・・・各部門1,200円
●3級・・・・1,000円
合格発表日 受験日より、1ヶ月以内