画像処理エンジニア検定
画像処理エンジニア検定とは?
画像処理エンジニア検定とは、産業や学術分野のさまざまな領域において、一定の条件(開発目標・システム環境・予算・作業工程・コストなど)のもと、ソフトウェアや関連するハードウェア、システムの開発ができる能力の標準的知識を認定する資格です。
難易度 普通。合格率は1級約0%、2級約30%、3級約59%。
就職 美的センスが重要です。映画、アニメーション、CM、ゲーム、Webなどの制作会社や関連会社、コンピュータ周辺機器を取扱う会社や印刷会社など多岐にわたる。就職するには最低でも2級は欲しいところ。その他プログラミングの資格も持っておくことをオススメします。
仕事内容 デジカメで撮った写真を加工、プログラミング経験者であれば、画像検査システムの開発も行います。
関連URL (財)画像情報教育振興協会(CG−ARTS協会)
受験資格 1級のみ2級合格者
試験内容 ●1級
 ◇1次試験
■記述試験
①画像入出力と画像生成モデル、②画像ごとの濃淡変更、③フィルタリング処理と復元、④幾何学的変換、⑤領域・パターン・図形の検出・認識、⑥動画像処理・空間情報処理・画像符号化、⑦画像処理応用・システム・規格、⑧知的財産権
■論述試験(複数問題から選択回答)
①専門知識の応用と画像処理技術の研究や開発における問題解決
 ◇2次試験(①、②のいずれかの課題テーマに基づいた論文の作成)
①画像処理に関連する業務や研究で取り組んだ事例について
②画像処理に関連する指定のテーマについて
●2級
①画像入出力と画像生成モデル、②画像ごとの濃淡変更、③フィルタリング処理と復元、④幾何学的変換、⑤領域・パターン・図形の検出・認識、⑥動画像処理・空間情報処理・画像符号化、⑦画像処理応用・システム・規格、⑧知的財産権
●3級
①ディジタルカメラモデル、②画像の濃淡変更とフィルタリング処理、③画像からの情報抽出、④入出力と伝送・蓄積のための処理、⑤システムと規格、⑥関連知識
願書申込み受付期間 ●1級
 9月上旬〜10月中旬頃まで
●2、3級
 ①4月上旬〜5月下旬頃まで
 ②9月上旬〜10月中旬頃まで
試験日程 ●1級
 11月下旬頃(年1回)
●2、3級
 ①7月上旬頃
 ②11月下旬頃(年2回)
受験地 全国各地
受験料 ●1級・・・・一次・・・・7,500円 二次・・・・7,500円
●2級・・・・5,500円
●3級・・・・4,500円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。