CGエンジニア検定
CGエンジニア検定とは?
デジタルコンテンツの新たな技術の開発などを行うCGエンジニアを認定する資格です。
難易度 1級10%程度と難しい。2級・3級は65%程度。
就職 映画、テレビ、ゲーム、Webサイト制作、デザイン、設計業界での活躍が期待できます。今後も有資格者の活躍の場はあらゆる分野に広がる可能性があります。
仕事内容 業界によって様々ですが、大手ポータルサイト開発、アニメーションのCGデザイン・カット制作、建築物のデザインなど、多岐にわたります。
関連URL (財)画像情報教育振興協会(CG−ARTS協会)
受験資格 1級のみ2級合格者
試験内容 ●1級
 ◇1次試験
■記述試験
①ディジタルカメラモデル、②座標変換、③モデリング、④レンダリング、⑤アニメーション、⑥画像処理、⑦視覚に訴えるグラフィックス、⑧CGシステム、⑨関連知識
■論述試験
①専門知識の応用CG技術の研究や開発における問題解決
 ◇2次試験
業務や研究で取り組んだ事例をテーマに、定義、解決方法、検証・評価をまとめたプレゼンテーション資料の作成
●2級
①ディジタルカメラモデル、②座標変換、③モデリング、④レンダリング、⑤アニメーション、⑥画像処理、⑦視覚に訴えるグラフィックス、⑧CGシステム、⑨関連知識
●3級
①ディジタルカメラモデル、②画像の濃淡変換とフィルタリング処理、③モデリング、④レンダリング、⑤アニメーション、⑥システムと規格、⑦関連知識
願書申込み受付期間 ①4月上旬〜5月下旬頃まで
②9月上旬〜10月中旬頃まで
試験日程 7月上旬頃、11月下旬頃(2回)
受験地 全国各地
受験料 ●1級・・・・一次・・・・7,500円 二次・・・・7,500円
●2級・・・・5,500円
●3級・・・・4,500円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。