情報処理技能検定試験
情報処理技能検定試験とは?
パソコンを正しく有効に使う能力を認定する検定試験。
難易度 やや、やさしい。合格率は表計算60%、データベース70%ほど。
就職 この資格取得で即就職は難しい。就職のために履歴書に記載するのは最低でも2級以上欲しいところ。
関連URL 日本情報処理技能検定協会
受験資格 制限なし
試験内容 ※上位の級は下位の級の範囲を含みます。
●表計算部門
 □初段(1級の試験範囲を含む)
①シート間の処理、②グラフ用のデータ処理、③高度なグラフ、④複数のグラフ
 □1級(2級の試験範囲を含む)
①データベース関数、②データベースによる抽出および集計、③抽出後のデータ処理、④特殊関数、⑤数式印刷または結果データの保存
 □2級(3級の試験範囲を含む)
①表検索、②論理演算子、③日付・時刻の計算、④文字列操作関数、⑤グラフ作成、⑥セルの証明
 □3級(4級の試験範囲を含む)
①判断文、②最大・最小検索、③構成比率計算、④端数処理関数、⑤順位付け、⑥通貨表示、⑦日付表示、⑧多重判断文、⑨並べ替え
 □4級
①文字・数字の入力、②列幅変更、③計算式、④合計・平均関数、⑤罫線処理、⑥表示形式、⑦%表示、⑧表題・見出しの中央揃え、⑨文字列の左揃え・数字の右揃え、⑩印刷処理
●データベース部門
 □1級(2級の試験範囲を含む)
①結合の種類、②クロス集計、③NZ関数、④重複・不一致レコードの処理、⑤クエリによるテーブルの作成、⑥その他応用
 □2級(3級の試験範囲を含む)
①複数クエリーの作成、②レコードの更新・追加・削除、③項目ごとのグループ化
 □3級(4級の試験範囲を含む)
①複数条件によるレコードの抽出、②複数条件によるレコードの昇順・降順の並べ替え、③計算式、④関数処理、⑤グループ化
 □4級
①テキストデータファイル読み込み、②テーブル定義、③複数テーブルの関連付け、④レコード抽出、⑤レコードの昇順、⑥表題・見出し等の入力、⑦表示形式、⑧表のレイアウト、⑨罫線処理、⑩印刷処理
願書申込み受付期間 ①5月下旬〜6月上旬頃まで
②9月下旬〜中旬頃まで
③10月下旬〜11月上旬頃まで
④1月上旬〜1下旬頃まで
試験日程 ①7月中旬頃
②10月中旬頃
③12月中旬頃
④2月下旬頃(年4回)
受験地 実施先までお問い合わせ下さい。
受験料 □初段・・・・5,000円(表計算のみ)
□1級・・・・3,000円
□2級・・・・2,500円
□3級・・・・2,000円
□4級・・・・1,500円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。