臨床心理士
臨床心理士とは?
臨床心理学の知識や技術を用いて心理的な問題を取り扱う「心の専門家」を認定する資格です。心の奥底に深く関わる職業なので、資格取得後も5年ごとの資格更新審査と研修や研究が義務づけられています。
難易度 やや難しい。専門の学校などで勉強し受験するが合格率は60%ほどと、なかなかの難関資格。
就職 病院の精神科や心療内科、児童相談所、学校のカウンセラー、矯正機関など。取得者は高度な知識と技術を持つエキスパートとして、高く評価されているので、就・転職にはとても有効な資格です。
仕事内容 面接・観察・種々の心理テスト(遊戯療法、箱庭療法、芸術療法、夢分析、家族療法、精神分析、行動療法、動作法など)を用いて、心の問題改善に向けて援助を行います。
関連URL (財)日本臨床心理士資格認定協会
受験資格
  1. 大学の研究科に於いて心理学を選考する博士前記過程又は、修士課程を修了後、1年以上の心理臨床経験を有する者。
  2. 大学院の研究科に於いて心理学隣接諸学科を選考する博士前記過程又は、修士課程を修了後、2年以上の心理臨床経験を有する者。
  3. 諸外国で1.2.いずれかと同等以上の教育歴及び2年以上の心理臨床の経験者。
  4. 医師免許取得後、2年以上の心理臨床経験を有する者。
  5. 4年制大学学部に於いて心理学又は心理学隣接諸学科を専攻し、卒業後5年以上の心理臨床経験を有する者。など
試験内容 ●1次試験(筆記試験)
  1. 心理臨床に関する基礎技術(100問)
  2. 論述試験(1,201字以上1,600字以内)
●2次試験(口述面接試験)
 1次試験合格者のみ。心理臨床に関する設問
願書申込み受付期間 7月上旬〜8月下旬頃まで
試験日程 ●1次試験(筆記試験)・・・・10月下旬頃
●2次試験(口述面接試験)・・・・11月下旬頃
受験地 東京
受験料 30,000円
合格発表日 12月下旬頃