動物看護士
動物看護士とは?
動物の看護を主に、獣医師の行う診断や治療の支援し、予防、感染防止、健康の増進などの指導能力を認定する資格です。
難易度 やや難しい。専門の学校などで勉強し、受験するため合格率は90%と高い。
就職 動物病院、ペットショップ、ペットホテル、繁殖・流通業界など。通信講座や専門学校などで技術を学び、資格取得後就職するケースが一般的です。
仕事内容 動物医療の補助、傷病動物の看護、血液・皮膚・糞尿などの検査業務、動物の適正な飼養および公衆衛生の指導ならびに普及啓発を行います。
関連URL (社)日本動物病院福祉協会
受験資格 ●1級
受験時に下記1〜4の条件を全て満たしていること。
  1. 「JAHA認定動物看護士2級」の有資格者
  2. 2級の資格取得後、実務経験2年以上の者
  3. 現在勤務している動物病院院長の推薦があること
    (出産等の理由により現在勤務していない場合、最終勤務先院長による推薦でも可)
  4. 過去2年の指定VTセミナー6回のうち3回以上に出席していること
●2級
  1. 受験時に「JAHA認定動物看護士3級」の資格を有していること
  2. 過去1年の指定セミナーに2回以上出席していること。
●3級
 高等学校卒業または卒業見込、あるいは同等の学力を有すると認められる者
試験内容 ①関係法規と職業倫理、②受付業務に関する知識、③薬物に関する知識、④診察補助に関する知識、⑤臨床検査に関する知識、⑥生体検査に関する知識、⑦手術補助に関する知識、⑧動物看護に関する知識、⑨救急看護に関する知識、⑩エキゾチックアニマルに関する知識、⑪クライアント教育のための知識
願書申込み受付期間 11月下旬〜1月下旬頃まで
試験日程 2月上旬頃
受験地 東京、大阪、名古屋、福岡(1級試験は東京・大阪・福岡のみ)
受験料 各級 10,000円
合格発表日 3月20日頃