食品衛生責任者
食品衛生責任者とは?
食品衛生責任者とは、食品の製造、加工、調理、販売を行う人や企業に必要となる資格で、衛生管理を行い安全な食品を提供するための知識を要求される、工場の総監督のような資格です。定められたものを製造等する場合に設置が必要とされており、飲食店営業、菓子製造業、食肉製品製造業、食肉販売業や魚介類販売業などの営業を行う場合に設置が義務づけられています。
難易度 ★☆☆☆☆(易しい)。合格率は、ほぼ100%。
就職 この資格だけでは就職は難しいが、飲食店、乳製品や食肉製品のメーカーなどでは手当てなどが支給される場合もあり、取得しておいても損はない資格。
仕事内容 食品の安全性、設備管理、衛生教育、給水および汚物処理などの食品衛生の総合的な職務を行います。
関連URL (社)日本食品衛生協会
受験資格 各都道府県によって異なる。詳しくは実施団体まで、お問い合わせ下さい。
※講習会の受講免除
次の資格を持っている方は、講習会を受けなくても食品衛生責任者になることができます。
・栄養士
・調理師
・製菓衛生師
・畜場法に規定する衛生管理責任者
・畜場法に規定する作業衛生責任者
・食鳥処理衛生管理者
・船舶料理士
・食品衛生管理者、もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者
試験内容 ①衛生法規(伝染病、疾病予防、環境衛生、労働衛生等)・・・・2時間
②公衆衛生学(食品衛生法、施設基準、管理運営基準、規格基準、公衆衛生法規等)・・・1時間
③食品衛生学(食品事故、食品の取扱い、施設の衛生管理、自主管理等)・・・3時間
④修了考査
修了証は、開業や食品衛生責任者の変更の手続き等の際に、行政機関ヘ提示する。
願書申込み受付期間 各地域により異なります。実施団体まで、お問い合わせ下さい。
先着順で、定員になり次第締め切られます。
試験日程 各地域により異なります。実施団体まで、お問い合わせ下さい。
受験地 全国各地
受験料 各地域により異なります。詳しくは実施団体まで、お問い合わせ下さい。
合格発表日 実施団体まで、お問い合わせ下さい。