アマチュア無線技士
アマチュア無線技士とは?
アマチュア無線技士とは、個人の趣味として人気が高い無線操作を行える資格。級によって扱える周波数、空中線電力、電波の種類が異なります。
難易度 普通。合格率は1級21%、2級25%、3級46%、4級64%ほど。受験者集も多く、点字による試験も実施されています。
就職 完全な趣味なので就職は無理。しかし、大地震などの災害・非常時に有効な通信網として、近年アマチュア無線技士は注目を集めています。
仕事内容 アマチュア無線局の無線設備の操作などを行います。
関連URL (財)日本無線協会
受験資格 制限なし
試験内容 ●1級
①法規、②電気通信術(実技)、③無線工学
●2級
①法規、②電気通信術(実技)、③無線工学
●3級
①法規、②無線工学
●4級
①法規、②無線工学
願書申込み受付期間 ●1級、2級
インターネット:
①2月上旬〜下旬頃まで
②6月上旬〜下旬頃まで
③10月上旬〜下旬頃まで
郵送:
①2月上旬〜下旬頃まで
②6月上旬〜下旬頃まで
③10月上旬〜下旬頃まで
●3級、4級
毎月上旬〜下旬頃まで
※当日受付試験もあります。
試験日程 ●1級、2級・・・・①4月中旬、②8月下旬、③12月中旬(年3回)
●3級・4級・・・・実施先まで、お問合せ下さい。
受験地 ●1級・2級・・・・東京、札幌、仙台、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那覇
●3級・4級・・・・実施先まで、お問合せ下さい。
受験料 ●1級・・・・8,950円
●2級・・・・7,450円
●3級・・・・5,250円
●4級・・・・5,000円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。