航空無線通信士
航空無線通信士とは?
航空機に関する無線設備の操作を行なうために必要な知識と技能を持つ通信士です。
難易度 普通。合格率は60%程度。
就職 航空機のパイロットや航空管制官。航空会社のパイロット、航空交通管制官が取得者でこの資格だけで就職するのは困難です。
仕事内容 空中線電力250ワット以下という制限のもとに管制官との通信や、機上に搭載してあるレーダーの操作を行います。
関連URL (財)日本無線協会
受験資格 制限なし
試験内容 ①無線工学、②法規、③英語、④電気通信術(実技)
願書申込み受付期間 ①6月上旬〜下旬頃まで
②12月上旬〜中旬頃まで
試験日程 試験・・・・①8月上旬頃、②2月下旬頃(年2回)
実技・・・・①8月上旬頃の指定された日、②2月下旬頃の指定された日
受験地 東京、札幌、仙台、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那覇
受験料 9,050円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。