外務省専門職員
外務省専門職員とは?
外務省専門職員とは、将来、外務省および在外公館で外交領事業務もしくはそれに関連する事務を行う語学や国・地域、文化、歴史等の専門家である職員のこと。
難易度 難しい。合格率は10%程度。
就職 採用後、努力次第で幹部への昇格の可能性もあり学歴に関係なく、実力によって道が開くことができます。
仕事内容 語学や国・地域、文化、歴史等の専門家としてキャリアの人たちが意思決定を行う際に必要な判断材料を提供します。
関連URL 外務省
受験資格
  1. 試験年の4月1日で、20歳以上29歳未満の者で、なおかつ日本国籍の者。
  2. 受験をする年の4月1日で、20歳未満の者で、短期大学又は高等専門学校見込み者。
  3. 人事院が2.に掲げる者と同等の資格があると認める者。
試験内容 ●一次試験(2日間)
①憲法、②国際法、③経済学、④一般教養、⑤時事論文、⑥外国語
(英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語・オランダ語・アラビア語・ペルシャ語・ウルドゥ語・ヒンディー語・ミャンマー語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・中国語・朝鮮語より1科目選択受験し和訳・和文外国語訳をします。)
●二次試験
  1. 口述試験・・・・外国語会話(一次で選択した外国語)
  2. 人物試験・・・・個別・集団討論
  3. 身体検査・・・・胸部レントゲン撮影などを含む一般的な身体検査
願書申込み受付期間 4月上旬〜下旬頃まで
試験日程 ●一次試験・・・・6月中旬頃の2日間
●二次試験・・・・7月下旬〜上旬頃の指定された日
受験地 ●一次試験・・・・東京、京都
●二次試験・・・・東京
受験料 無料
合格発表日 ●一次試験・・・・7月下旬頃
●二次試験・・・・8月下旬頃