ファイナンシャル・プランニング技能士
ファイナンシャル・プランニング技能士とは?
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の貯蓄計画や相続対策など、トータルな資産設計を行い、ライフプランのアドバイスをする生活設計のアドバイザーです。金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識が必要です。
難易度 やや難しい。受験者は金融系の人が多い。
就職 金融・保険業界の人が取得するケースがほとんど。金融系の業界に就職したいのなら取っておいても損はないが、AFPなどほかの資格も取得しておくのがいいです。
仕事内容 収入や借り入れ、家族構成、資産等の情報から、顧客の資産に応じた貯蓄、投資等のプラン立案や相談など資産運用等に関する総合的なアドバイスを行います。
関連URL (社)金融財政事情研究会検定センター
NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
受験資格 ●1級
  1. 実務経験5年以上の者。
  2. 2級合格後、実務経験1年以上の者。ほか
●2級
  1. 実務経験2年以上の者。
  2. 3級合格者。
  3. AFP認定研修修了者。
  4. 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級合格者。
●3級・・・・FP業務に従事している者。または従事しようとしている者。ほか
試験内容 ●1級
 ◆学科
  1. 基礎編・・・・筆記試験(筆記)
  2. 応用編・・・・筆記試験(筆記)
    ◇出題範囲
    1. ライフプランニングと資金計画
    2. リスク管理
    3. 金融資産運用
    4. タックスプランニング
    5. 不動産
    6. 相続・事業承継
 ◆実技(口述、筆記)
  ◇出題範囲
    1. 資産相談業務(金融財政事情研究会実施)
    2. 資産設計相談業務(日本FP協会実施)
●2級
 ◆学科(筆記)
  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継
 ◆実技(筆記)
①個人資産相談業務、②中小事業主資産相談業務、③生保顧客資産相談業務、④損保顧客資産相談業務、⑤資産設計相談業務
※①〜④まで金融財政事情研究会実施、⑤は日本FP協会実施

●3級
 ◆学科(筆記)
  ◇出題範囲
    1. ライフプランニングと資金計画
    2. リスク管理
    3. 金融資産運用
    4. タックスプランニング
    5. 不動産
    6. 相続・事業承継
 ◆実技(筆記)・・・・(個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務から選択)
  ◇出題範囲
    1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
    2. 顧客のニーズおよび問題点の把握
    3. 問題解決策の検討・分析
願書申込み受付期間 ①3月中旬〜4月上旬頃まで
②7月上旬〜下旬頃まで
③11月上旬〜12月上旬頃まで
試験日程 ①5月上旬頃、②9月中旬頃、③1月下旬頃
受験地 全国各地
受験料 ●1級(学科)・・・・8,900円
●1級(実技)・・・・25,000円(日本FP協会の実技は、15,000円)
●2級(学科)・・・・4,200円
●2級(実技)・・・・4,500円
●3級(学科)・・・・3,000円
●3級(実技)・・・・3,000円
合格発表日 実施先まで、お問い合わせ下さい。