中小企業診断士
中小企業診断士とは?
中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。
難易度 難しい。合格率は4%程度。
就職 経営コンサルタント会社、一般企業など。企業内でも活躍の場は大きく、また自己啓発にも役立つので人気は高く独立も可能です。
仕事内容 中小企業を対象に財務、労務、生産、事務など、経営の合理化を推進するためのコンサルティングおよび、企業が行う各種研修・教育訓練の社外講師として講義や講演を行います。
関連URL (社)中小企業診断協会
受験資格 ●制限なし
以下に該当する者は、一次試験の一部科目が免除になります。
  1. 大学等の経済学の教授・助教授(通算3年以上)
  2. 経済学博士
  3. 公認会計士試験第ニ次試験において経済学を受験して合格した者。
  4. 不動産鑑定士、不動産鑑定士補(二次試験合格者を含む)
  5. 公認会計士、会計士補(会計士補となる有資格者を含む)
  6. 税理士(税理士法第3条1項1号から第3号までに規定する者を含む)
  7. 税理士(司法試験二次試験合格者を含む)
  8. 技術士(情報工学部門登録者に限る)、情報工学部門による技術士となる資格を有する者。
  9. 高度情報処理技術者試験の合格者。
試験内容 ●1次試験(全科目を3年以内に合格すれば第1次試験合格となります。)
①経済学・経済政策、②財務・会計、③企業経営理論、④運営管理(オペレーション・マネジメント)、⑤経営法務、⑥経営情報システム、⑦中小企業経営・中小企業政策
●2次試験
  1. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ
  2. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ
  3. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ
  4. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ
●口述試験・・・・中小企業の診断及び助言に関する能力
●実務・実務補習
登録申請の日前3年以内に、中小企業診断士試験に合格し、かつ、以下に該当することについて、2次試験合格後、3年以内に15日間又は8日間×2回の実務補習を行う。
 □実務補習
  1. 登録実務補習機関による実務補習
  2. 中小企業基盤整備機構、都道府県等中小企業支援センターにおける実務補習
 □診断・助言業務
  1. 国・都道府県等、中小企業基盤整備機構又は都道府県等中小企業支援センターが行う診断・助言業務
  2. 中小企業基盤整備機構又は都道府県等支援センターが行う窓口相談などの業務
  3. 中小企業に関する団体が行う中小企業の診断・助言又は窓口相談などの業務。その他の団体又は個人が行う診断・助言又は窓口相談の業務
  4. 中小企業の振興に関する国際協力などのための海外における業務
願書申込み受付期間 ●1次・・・・5月中旬〜6旬上旬頃まで
●2次・・・・9月上旬〜中旬頃まで
試験日程 ●1次・・・・8月上旬頃
●2次・・・・10月中旬頃
●口述・・・・12月中旬頃
受験地 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
受験料 ●1次・・・・14,400円
●2次・・・・17,900円
合格発表日 ●1次・・・・9月上旬頃
●2次・・・・12月上旬頃
●口述・・・・12月下旬頃