核燃料取扱主任者
核燃料取扱主任者とは?
核燃料取扱主任者とは、核燃料物質の加工および使用済み核燃料の再処理において、その取扱や管理等に関して高度の専門知識と技術をもって監督・保安責任者のための国家資格。
難易度 やや難しい。合格率は20%程度と横ばい。
就職 この資格を持っていれば燃料集合体を製造する加工工場や、プルトニウム再処理工場などで、保安監督主任者になることもできます。
仕事内容 ウランを加工し、燃料集合体を製造する加工工場や、使用した燃料から再びウランやプルトニウムを取り出す再処理工場で、核燃料の取扱や管理が安全に行われるよう監督する保安の責任者です。
関連URL 経済産業省
受験資格 制限なし
※第一種放射線取扱主任者試験に合格した者は「放射線の測定および放射線障害の防止に関する技術」の試験科目が免除されます。
試験内容 ●筆記試験
 □1日目
   ①核燃料物質に関する法令、②核燃料物質の化学的性質及び物理的性質
 □2日目
   ①核燃料物質の取扱いに関する技術、②放射線測定・放射線障害防止に関する技術
願書申込み受付期間 1月下旬〜2月上旬頃まで
試験日程 3月下旬頃(2日間)
受験地 東京
受験料 47,700円
合格発表日 5月下旬頃