放射線取扱主任者
放射線取扱主任者とは?
放射線取扱主任者とは、放射線障害防止法に基づき、放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取扱う場合に、放射線障害の防止について監督を行う者です。取扱い区分により第1種と第2種とに分けられています。
難易度 やや難しい。合格率は第1種が15%、第2種が25%程度。
就職 放射線同位元素や放射線発生装置を扱う事業所、販売所、廃棄事業所、病院や研究機関、製造業などで活躍できます。
仕事内容 精密機器メーカーや病院などの放射線設備の日常のメンテナンスや修理、新製品の開発などを行います。
関連URL (財)原子力安全技術センター
受験資格 制限なし
試験内容 ●第1種(2日間)
  1. 物理学、化学及び生物学のうち放射線に関するもの
  2. 物理学のうち放射線に関するもの
  3. 化学のうち放射線に関するもの
  4. 放射性同位元素及び放射線発生装置による放射線障害の防止に関する管理技術並びに放射線の測定に関する技術
  5. 生物学のうち放射線に関するもの
  6. 放射性同位元素及び放射線発生装置による放射線障害の防止に関する法令
●第2種
  1. 放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術
  2. 放射性同位元素による放射線障害の防止に関する法令
  合格後、指定講習(第1種は5日間、第2種が3日間)を受講する必要があります。
願書申込み受付期間 5月上旬〜6月下旬頃まで
試験日程 ●第1種・・・・8月下旬頃の2日間
●第2種・・・・8月下旬頃
受験地 北海道、宮城、東京、愛知、大阪、福岡
受験料 ●第1種・・・・13,900円
●第2種・・・・9,900円
合格発表日 10月下旬頃