浄化槽設備士
浄化槽設備士とは?
浄化槽設備士とは、浄化槽の工事に関して施工図の作成や施工の管理・監督などの高度な知識・技能を有している専門家です。
難易度 普通。合格率は30%程度。1級・2級管工事施工管理技術検定を取得してから講習を受ける方が楽です。
就職 浄化槽設備会社などの設備会社。この資格だけだと就職は厳しい。就職している人には一時金や資格取得手当が出たりします。
仕事内容 浄化槽の設置工事における監督・指導を行います。
関連URL (財)浄化槽設備士センター
受験資格 ●試験
  1. 8年以上の実務経験者
  2. 大学の指定学科を卒業し1年以上の実務経験者(指定学科以外の者は、1年6ヵ月)
  3. 短大、高等専門学校の指定学科を卒業し2年以上の実務経験者
    (指定学科以外の者は、3年)
  4. 高校の指定学科を卒業し3年以上の実務経験者(指定学科以外の者は、4年6ヵ月)
  5. 1級・2級管工事施工管理技士有資格者
  6. 1級・2級配管技能士有資格者
●講習・・・・1級・2級管工事施工管理技士有資格者
試験内容 ●試験
 □筆記
①機械工学・衛生工学、②汚水処理法知識、③施工管理法、④法規
 □実地試験・・・・施工管理法
●講習
①浄化槽法規論、②浄化槽の構造・機能、③浄化槽の保守・点検・清掃概論、④法規、⑤浄化槽施工管理法
※講習終了後、1.〜5.までの範囲で効果評定試験があります。
願書申込み受付期間 ●試験・・・・4月上旬〜中旬頃まで
●講習・・・・受講申込・問合せ先までお問合せ願います。
試験日程 ●試験・・・・6月第1日曜日
●講習・・・・受講申込・問合せ先までお問合せ願います。
受験地 ●試験・・・・仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
●講習・・・・仙台、東京、埼玉、大阪、愛知、愛媛、福岡、熊本
受験料 ●試験・・・・23,600円
●講習・・・・91,000円
 (浄化槽管理士で講習教科目一部免除希望者は86,000円)
合格発表日 実施先まで、お問い合わせ下さい。