警備員検定
警備員検定とは?
現場において事故、犯罪抑止、施設警備、貴重品輸送、身辺警備などを行う防犯のスペシャリストです。
難易度 やさしい。講習と終了考査のほか、試験でも取得できます。試験の合格率は75%程度。
就職 警備保障会社。取得者のほとんどが警備会社の社員だが、未経験者も試験で取得が可能です。警備員の需要は増えているので、取得しておいても損はない資格です。
仕事内容 航空保管、交通誘導、核燃料物質等運搬、貴重品運搬などの警備を行い、お金や人名、物資を目的地まで安全に届ける仕事を行います。
関連URL (社)全国警備業協会 (財)空港保安事業センター
受験資格 ●1級・・・・2級検定合格後、当該実務経験が1年以上の者
●2級・・・・警備員新任教育(30時間)を受けた満18歳以上の者。
試験内容 ①空港保安警備業務、②施設警備業務、③雑踏警備業務、④交通誘導警備業務、⑤核燃料物質等危険物運搬警備業務、⑥貴重品運搬警備業務
の6分野に分かれており、各種別につき1、2級があります。
※講習は2日間の日程で行われ、最終日には修了試験があります。
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 受講地により異なります。実施先までお問い合わせ下さい。
受験地 全国各地
受験料 講座により異なります。実施先までお問い合わせ下さい。
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。