自動車整備士
自動車整備士とは?
経験と新しい技術で自動車を整備する、専門の技術者です。
難易度 普通。近年合格率は科目により違いますが、2級30〜40%、3級70%程度。
就職 自動車ディーラー、バイク屋さんなど。自動車整備士の有資格者数は圧倒的に少なく、慢性的な不足状態であるため、将来的にも安定している。(ただし、常に新しい技術を勉強しなくてはなりません)
仕事内容 自動車・オートバイなどの点検、整備、調整などを行います。
関連URL (社)日本自動車整備振興会連合会 国土交通省
受験資格 ●1級
  1. 2級合格後、3年以上の実務経験者。
  2. 国土交通省指定の1級自動車整備士養成課程修了者など。
●2級
  1. 3級合格後、3年以上の実務経験者。
  2. 大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者で3級合格後、1年6ヶ月以上の実務経験者。
  3. 職業能力開発総合大学校産業機械工学科修了者など。
●3級
  1. 15歳以降に、1年以上の実務を経験した者。
  2. 大学、高専、高校、職能学校、3級課程で指定学科修了した者。
  3. 大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者、高校の機械科卒業者、自動車整備科合格者で、6ヶ月以上の実務経験者。
※試験区分は以下のとおりです。など。
●1級自動車整備士
  1. 1級大型自動車整備士
  2. 1級小型自動車整備士
  3. 1級2輪自動車整備士
 (上記の中から1種類を選択受験)
●2級自動車整備士
  1. 2級ガソリン自動車整備士
  2. 2級ジーゼル自動車整備士
  3. 2級自動車シャシ整備士
  4. 2級2輪自動車整備士
 上記の中から1種類を選択受験)
●3級自動車整備士
  1. 3級自動車シャシ整備士
  2. 3級ガソリン・エンジン自動車整備士
  3. 3級ジーゼル・エンジン自動車整備士
  4. 3級2輪自動車整備士
 (上記の中から1種類を選択受験)
●特殊整備士
  1. 自動車タイヤ整備士
  2. 自動車電気装置整備士
  3. 自動車車体整備士
 (上記の中から1種類を選択受験)
試験内容 ※各種別ともそれぞれの科目に関して、学科試験(1級は筆記試験と口述試験)と実技試験が行われます。
●1級自動車整備士
 □学科
①構造、機能、取扱知識、②点検、修理、調整知識、③整備用機器の構造・機能・取扱い知識、④材料、燃料油脂の性質・用法知識、⑤図面知識、⑥法規
 □学科
①故障箇所(問診)、②整備内容説明
●2級自動車整備士
①構造、機能、取扱知識、②点検、修理、調整知識、③整備用機器の構造・機能・取扱い知識、④材料、燃料油脂の性質・用法知識、⑤図面知識、⑥法規
●3級自動車整備士
①構造、機能、取扱知識、②点検、修理、調整知識、③整備用機器の構造・機能・取扱い知識、④材料の性質・用法知識、⑤図面知識、⑥法規
※学歴・職務経歴等により、科目免除制度があります。詳しくはHPをご覧ください。
●特殊整備士
①構造、機能、取扱知識、②点検、修理、調整知識、③整備用機器の構造・機能・取扱い知識、④材料の性質・用法知識、⑤図面知識、⑥法規
※学歴・職務経歴等により、科目免除制度があります。詳しくはHPをご覧ください。
 □実技試験(1級〜3級、特殊整備士)
①基本工作、②点検、分解、組立て、調整及び完成検査、③修理、④整備用の試験機、計量器、工具の取扱い。
願書申込み受付期間 ①5月上旬〜中旬頃まで
②10月上旬〜中旬頃まで
試験日程 ◎検定試験
  学科・・・・①7月下旬頃、②11月下旬頃(年2回)
  実技・・・・①8月中旬頃、②2月下旬頃(年2回)
◎登録試験
  学科・・・・①10月上旬頃、②3月下旬頃(1級口述は5月)
受験地 各都道府県
受験料 ◎検定試験・・・・7,200円
◎登録試験・・・・1級・・4,000円  2級・3級・特殊・・2,200円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。