ボイラー技士
ボイラー技士とは?
ボイラー技士とは、建造物のボイラー安全運転を保つためにボイラーの監視・調整・検査などの業務を行なうボイラーの専門家です。
難易度 普通。合格率は特級は30%、1級は50% 2級は60%程度
就職 ビル設備会社、ホテルなど。大規模ボイラーの取扱いの主任者に任命されるには1級・特級の資格が必要なため、有資格者の需要が求められています。
仕事内容 工場における熱エネルギー源や学校、病院、事務所等の建物の給湯、空調等の熱源を供給をおこなうボイラー設備を監視・調整・検査を行います。
関連URL (財)安全衛生技術試験協会
受験資格 ●特級
  1. 1級免許取得後、3年以上の実務経験者。
  2. 大学、専門、高校でボイラー課程学科を卒業し、2年以上の実務経験者。
  3. エネルギー管理士有資格者で2年以上の実務(実地)経験者。
  4. 海技士(機関1、2級)有資格者。
  5. ボイラー・タービン主任技術者有資格者で500㎡以上のボイラー取扱経験者。
●1級
  1. 2級免許取得後、1年以上の実務経験者。
  2. 大学、専門、高校でボイラー課程学科を卒業し、1年以上の実務経験者。
  3. 厚生労働大臣が定める者。など。
●2級
  1. 大学、専門、高校でボイラー課程学科を卒業し、3ヶ月以上の実務経験者。
  2. 海技士1、2、3級の有資格者。
  3. ボイラー実技講習を修了した者。など
 ※その他細かく規定されています。詳しくは実施先までお問い合わせ下さい。
試験内容 ①ボイラーの構造、②ボイラーの取扱い、③燃料・燃焼知識、④関係法令
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程  ●特級・・・・10月上旬頃
 ●1級・・・・年7〜8回
 ●2級・・・・1ヶ月に1〜2回
受験地 管轄住所のセンターで受験。
受験料 各級 7,000円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。