足場の組立て等作業主任者
足場の組立て等作業主任者とは?
ビル建築で高所作業用に組立てられる足場の組立て・解体作業、安全面などの監督・指導にあたる責任者です。
難易度 やさしい。講習と終了考査で取得できます。
就職 土木・建設企業など
仕事内容 ビル建築で高所作業用に組立てられる足場を用いる作業において、作業の方法や作業の直接指揮、工具等の点検、安全帯や保護帽の使用状況などの監視・指導などを行います。
関連URL (財)日本産業技能教習協会
受験資格
  1. 満21歳異常で、当該の作業に3年以上従事した経験を持つ者。
  2. 満20歳以上で、大学、高専、高校、中学において土木、建築または造船に関する学科を専攻して卒業した者で、卒業後、当該の作業に2年以上従事した経験を有する者。
  3. 満20歳以上で、足場の組み立て作業主任者講習規定第1条各号いずれかの訓練を終了し、後、当該の作業に2年以上従事した経験を有する者。
試験内容
①作業の方法に関する知識、②工事用設備・機械・器具・作業環境に関する知識、③作業者に対する教育等に関する知識、④関係法令、⑤修了試験
願書申込み受付期間 実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 月に1回程度。2日間。
受験地 東京
受験料  通常・・・・10,000円(テキスト代1,600円別途。)
 とび1・2級有資格者など・・・・7,000円(テキスト代1,600円別途。)
 とび科の職業訓練指導員など・・・・6,000円(テキスト代1,600円別途。)
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。