衛生管理者
衛生管理者とは?
衛生管理者は、全ての職場におけるすべての労働者の健康の管理確保と快適な職場環境づくりを専門家の立場から立案・実施する衛生の専門家です。
難易度 普通。合格率は1種45%、2種60%程度
就職 労働者数に応じて1〜6人以上の衛生管理者を選んでおくことが義務づけられていますので、食品関連企業全般での活躍ができます。
仕事内容 衛生管理の責任者として、衛生管理、製造・加工する人の監督を行なう。
関連URL (財)安全衛生技術試験協会
受験資格
  1. 大学、高等専門学校卒業者で、1年以上の実務経験者。
  2. 高校卒業者で、3年以上の実務経験者。
  3. 10年以上の実務経験者。
 上記以外にも、細かく規定されていますので、詳しくは、HPをご覧ください。
試験内容 ●第1種
①労働衛生、②関係法令、③労働生理
●特例第1種(第二種衛生管理者免許を受けた者に対する試験です。)
①労働衛生(有害業務に係るものを除く。)、②関係法令(有害業務に係るものを除く。)
●第2種
①労働衛生(有害業務に係るものを除く。)、②関係法令(有害業務に係るものを除く。)、③労働生理
願書申込み受付期間 地域により異なりますので、実施先までお問い合わせ下さい。
試験日程 地域により異なりますので、実施先までお問い合わせ下さい。
受験地 実施先までお問い合わせ下さい。
受験料 7,000円
合格発表日 実施先までお問い合わせ下さい。