建築設備士
建築設備士とは?
建築設備士とは、空調・換気、給排水、電気などの、建築設備全般に関する知識及び技能を有し、建築士に対して、建築設備の設計・工事監理に関するアドバイスを行う設備の専門家。
難易度 やや難しい。合格率は20%程
就職 建設業、建築設計事務所、空調関係や建築衛生業など。給排水・空調換気・電気などの建築設備に関するアドバイザーとして有資格者は重視されます。
仕事内容 近年ますます高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切な指示・アドバイスを行います。
関連URL (財)建築技術教育普及センター
受験資格 学歴、職務経験等によって細かく、規定されていますので、詳しくはHPをご覧ください。
試験内容 ●一次試験(学科)
①建築一般知識、②建築法規及び建築設備
●二次試験(設計製図)
①建築設備基本計画、②建築設備基本設計製図
願書申込み受付期間 3月上旬〜下旬頃まで
試験日程 ●一次試験・・・・6月下旬頃
●二次試験・・・・8月下旬頃
受験地 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
受験料 34,650円(税込み)
合格発表日 ●一次試験・・・・7月下旬頃
●二次試験・・・・10月下旬頃