測量士・測量士補
測量士・測量士補とは?
測量士補とは、技術者として基本測量および公共測量(建築・建設・土木の現場や地図製作等)に従事するために必要な国土交通省管轄の測量の専門家です。
難易度 難しい。合格率は測量士8%、測量士補20%程度。測量士補を取得して測量士事務所で経験を積み(またはその逆)、測量士にステップアップするのが、確実です。
就職 測量士事務所や建築業界。測量士を持っていれば資格だけでも就職はOK。建築業界での評価は高い。
仕事内容 測量士と測量士補では従事できる仕事内容が異なります。測量士補は、測量士の作成した計画に従って行う測量業務に限定されるのに対し、測量士は、測量作業の主任者として測量計画作成まで担当します。
関連URL 国土交通省国土地理院 (社)日本測量協会
受験資格 制限なし
試験内容 ●測量士
  1. 三角測量(網または鎖の平均計算を伴う測量)
  2. 多角測量・水準測量(トランシットを用いる観測と計算)
  3. 地形測量(平板、コンパス、トランシットを用いる図根測量作業および高低測量、スタジアム法)
  4. 写真測量(図解法および機械法)
  5. 地図編集(地図を投影を含む作業)
  6. 応用測量
●測量士補
  1. 三角測量(トランシットを用いる観測と計算)
  2. 多角測量・水準測量(トランシットを用いる観測と計算)
  3. 地形測量(平板、コンパス、トランシットを用いる図根測量作業および地形地物の測量)
  4. 写真測量(図解法および機械法)
  5. 地図編集(地図を投影を含む作業)
  6. 応用測量
願書申込み受付期間 1月中旬〜2月下旬頃まで
試験日程 5月中旬頃
受験地 北海道、宮城、秋田、東京、新潟、富山、愛知、大阪、島根、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄
受験料 ●測量士
  4,250円(収入印紙で納付の場合)
  4,200円(電子納付の場合)
●測量士補
  2,850円(収入印紙で納付の場合)
  2,800円(電子納付の場合)
合格発表日 7月中旬頃