衆議院事務局職員(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種)
衆議院事務局職員(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種)とは?
衆議院事務局職員とは、衆議院の議院活動の補佐として、衆議院事務局本会議・委員会等の会議運営・調査事務、一般事務などを行う特別職の国家公務員です。
難易度 猛烈に難しい。Ⅰ種が1%、Ⅱ種が2%、Ⅲ種が2%程度。
就職 衆議院事務局
仕事内容 衆議院の議院活動の補佐として、衆議院の本会議、各委員会の法律案等の審議、国政調査、議事手続に関する事務、会議資料作成、各会派・各省庁等関係各方面との連絡調整、議員からの依頼による調査、庶務管理事務、議事速記に関する事務、議院警察に関する事務などを行います。
関連URL 衆議院
受験資格 ●Ⅰ種・・・・受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。ほか
●Ⅱ種・・・・受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。ほか
●Ⅲ種・・・・受験年の4月1日で、17歳以上21歳未満の者。
試験内容 ●Ⅰ種
 □一次試験(筆記試験)
  1. 一般教養
  2. 専門知識
    ①憲法、②行政法、③民法、④刑法、⑤労働法、⑥政治学、⑦行政学、⑧経済学、⑨財政学等
 □二次試験
  1. (第一回)筆記試験(論文/記述式)
    ①憲法、②行政法、③民法もしくは経済学のどちらかを選択
  2. (第二回)①集団討論試験、②個別面接試験
 □三次試験
個別の口述試験
●Ⅱ種
 □一次試験(筆記試験)
  1. 一般教養
  2. 専門知識
    ①憲法、②行政法、③民法、④刑法、⑤労働法、⑥政治学、⑦行政学、⑧経済学、⑨財政学等
 □二次試験
筆記試験(論文/記述式)
  ①憲法、②政治学もしくは経済学のどちらかを選択
 □三次試験
①集団討論試験、②個別面接試験
●Ⅲ種
 □一次試験(筆記試験)
①一般教養(多肢選択式)、②作文
 □二次試験・・・・個別面接試験
●衛視
 □一次試験(筆記試験)・・・・一般教養(多肢選択式)
 □二次試験・・・・①身体検査、②体力検査、③個別面接試験
願書申込み受付期間 ●Ⅰ種・・・・4月上旬〜中旬頃まで
●Ⅱ種・・・・4月上旬〜下旬頃まで
●Ⅲ種・・・・7月下旬〜8月中旬頃まで
●衛視・・・・7月下旬〜8月中旬頃まで
試験日程 ●Ⅰ種
 □一次試験・・・・5月上旬頃
 □二次試験・・・・5月下旬頃
 □三次試験・・・・7月上旬頃
●Ⅱ種
 □一次試験・・・・5月中旬頃
 □二次試験・・・・6月上旬頃
 □三次試験・・・・7月上旬頃の指定された日
●Ⅲ種
 □一次試験・・・・9月上旬頃
 □二次試験・・・・9月下旬頃の指定された日
●衛視
 □一次試験・・・・9月上旬頃
 □二次試験・・・・9月下旬頃の指定された日
受験地 東京
受験料 無料
合格発表日 ●Ⅰ種
 □一次試験・・・・5月中旬頃
 □二次試験・・・・6月上旬頃
 □三次試験・・・・7月下旬頃
●Ⅱ種
 □一次試験・・・・5月下旬頃
 □二次試験・・・・6月下旬頃
 □三次試験・・・・8月上旬頃
●Ⅲ種
 □一次試験・・・・9月中旬頃
 □二次試験・・・・10月上旬頃
●衛視
 □一次試験・・・・9月中旬頃
 □二次試験・・・・10月中旬頃