国家公務員Ⅲ種
国家公務員Ⅲ種とは?
国家公務員Ⅲ種とは、各省庁の初級係員としてそれぞれの職務に応じて、国家の政治行政に関する事務または技術的業務に従事します。直接国民に接する機会が多い地方出先機関で行政の現場に長く携わる仕事を担当します。
難易度 やや難しい。合格率は7.5%ほど。通信教育などで勉強するなど対策を怠らなければ、受かりやすい。
就職 税務署など地方の出先機関
仕事内容 各省庁において、初級係員としてそれぞれの職務に応じて、事務または技術的業務に従事します。
関連URL 人事院
受験資格 税務・・・・受験年の4月1日で17歳以上21歳未満の者。
その他・・・・受験年の4月1日で17歳以上21歳未満の者。
試験内容 ①行政事務、②税務、③電気・情報、④機械、⑤土木、⑥建築、⑦化学、⑧農業、⑨農業土木、⑩林業
(上記の科目の中から1つを選択し受験。また、地域によっては実施しない区分がある。)
●一次試験・・・・(マークシート)
 ①教養試験、②適正試験、③作文試験、④専門試験
●二次試験・・・・(記述式)
 ①人物試験、②身体検査(税務のみ)
願書申込み受付期間 6月下旬〜7月上旬頃までの1週間程度
試験日程 ●一次試験・・・・9月上旬頃
●二次試験・・・・10月中旬〜下旬の指定された日(身体検査も同じ)
受験地 ●一次試験・・・・全国96の主要都市
●二次試験・・・・全国96の主要都市
受験料 無料
合格発表日 実施団体まで、お問い合せ下さい。