国家公務員Ⅰ種
国家公務員Ⅰ種とは?
中央官庁や国の出先機関で仕事するために必要な資格です。公務員試験では最難関ともいえる試験内容で、各省庁の幹部候補生「キャリア」としての道が約束されている職種です。ほかの職種などに比べても採用枠が少ないが、海外などでの研修プログラムなど、研修などのシステムが充実しています。
難易度 難しい。合格率は5.4%ほど
就職 中央官庁や国の出先機関。将来性についても問題なし。
仕事内容 中央官庁で政策の企画立案、法律や諸制度の改正、事業予算の獲得、国会対応(大臣の答弁資料作成など)といった重要な国家行政を行う。普通の公務員と違い猛烈に忙しい部署が多い。
関連URL 人事院
受験資格
  1. 受験年の4月1日で21歳以上33歳未満の者等。
  2. 21歳未満でも大学を卒業または翌年卒業見込みか、人事院がそれと同等と認定する者。など
試験内容 ①行政、②法律、③経済、④人間科学Ⅰ(心理系)、⑤人間科学Ⅱ(教育・福祉・社会)、⑥理工Ⅰ(一般工学)、⑦理工Ⅱ(数理科学系)、⑧理工Ⅲ(物理・地球科学)、⑨理工Ⅳ(化学・生物・薬学)、⑩農学Ⅰ(農業科学)、⑪農学Ⅱ(農業工業)、⑫農学Ⅲ(森林、自然環境)、⑬農学Ⅳ(水産)
(上記の科目の中から1つを選択し受験します。)
●一次試験・・・・(マークシート)
①教養試験、②専門試験
●二次試験・・・・(記述式)
①専門試験、②総合試験、③人物試験
願書申込み受付期間 4月上旬頃の1週間程度
試験日程 ●一次試験・・・・5月上旬頃
●二次試験(筆記)・・・・5月下旬頃
●二次試験(面接)・・・・5月下旬〜6月中旬頃の指定された日
受験地 ●一次試験
札幌、盛岡、仙台、秋田、新潟、金沢、長野、千葉、東京、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、松江、広島、高松、松山、福岡、北九州、熊本、鹿児島、那覇
●二次試験
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
受験料 無料
合格発表日 受験申込・問合せ先まで