製菓衛生師
製菓衛生師とは?
製菓衛生師とは、製菓衛生師の名称を用いて菓子製造業に従事する厚生労働省管轄の国家資格。製菓業界の中でも添加物チェックや製品の安全性の確保、貯蔵のための衛生面の管理・監督の必要性が高まってきており、年々受験者も増加しています。実力と資金があれば独立も可能。合わせて口コミで評判が上がれば教室の開講なども可能です。
難易度 やや、やさしい。合格率は80%ほど。
就職 菓子製造販売店のほか、レストラン、ホテル、結婚式場、老舗ベーカリー、お菓子メーカーなど。
仕事内容 ケーキやコース料理のデザートなどをつくる仕事です。お菓子作りの専門知識や技術はもちろんですが、芸術的なセンスも必要とされます。
関連URL 東京都
受験資格 1.指定の製菓衛生士養成施設で、1年以上勉強し、技能等を修得したもの。
2.中学校、外国人学校中等部卒業者で、2年以上の実務経験者。
試験内容 ●学科(多肢選択式)
①衛生法規、②公衆衛生学、③栄養学、④食品学、⑤食品衛生学、⑥製菓理論・実技
願書申込み受付期間 各都道府県により違いますので、各衛生課まで、お問合せください。
試験日程 各都道府県により違いますので、各衛生課まで、お問合せください。
受験地 受験申込・問合せ先まで、お問合せください。
受験料 各都道府県により違いますので、各衛生課まで、お問合せください。
合格発表日 各都道府県により違いますので、各衛生課まで、お問合せください。