調理師
調理師とは?
名称独占資格。「調理師」とは、調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者をいいます。食品の栄養、衛生、食中毒、適切な調理法など関連分野の幅広い知識を持っていることを証明されます。
難易度 やや、やさしい。合格率は60%程度
就職 ホテル、料亭、旅館、割烹、各料理店、給食センター、製菓関連など。独立するには、センス、技術も必要だが、営業力も必須です。
仕事内容 調理全般(和食・洋食・中華・その他。新人はやはり掃除からが基本です。
受験資格 下記1〜4までのいずれかの学歴を持ち、5の実務経験をもつものが受験できます。
  1. 中学校卒業者
  2. 小学校卒業者出5年以上調理業務経験者
  3. 旧制国民学校高等科修了者、旧制中学校2年過程修了者又は、労働大臣が認定した者
  4. 各種外国人学校 中等部卒業者
  5. 以下のいずれかで2年以上調理業務経験者。
    ・学校、病院、寮などの給食施設
    (継続して1日20食以上又は1日50食以上調理する施設)
    ・飲食店(旅館、簡易宿泊所を含む)
    ・惣菜製造業
    ・魚介類販売業
※厚生労働大臣が指定した調理師養成施設(専門学校、専修学校、各種学校、高等学校等)において、1年以上、調理、栄養および衛生に関して調理師として必要な知識および技能を修得した者は試験免除になります。
試験内容 ①衛生法規、②公衆衛生学、③栄養学、④食品学、⑤食品衛生学、⑥調理理論、⑦食文化概論
願書申込み受付期間 各都道府県の担当官までお問い合わせ下さい。
試験日程 各都道府県ごとに年1回以上。
受験地 各都道府県の指定した受験会場
受験料 各都道府県の担当官までお問い合わせ下さい。
合格発表日 受験日より2ヶ月後位