クリーニング師
クリーニング師とは?
クリーニング師とは、知事の免許を受け、クリーニング業務に従事する人をいいます。クリーニング師になるには、クリーニング師試験に合格してから免許申請をします。
難易度 やや、やさしい。
就職 クリーニング屋さんとして独立。営業力は必須。あわせて技術力のある人は、安定した就職先と高収入が期待できます。
仕事内容 通常のクリーニング、しみぬきなどを行う。近年、服地の多様化、高級化に伴い、常に新しい技術と知識が必要とされています。
受験資格 中学卒業者又は、厚生大臣が上記と同等以上の学力を有すると認定した者など。
試験内容 ●学科
 ①衛生法規、②公衆衛生、③洗濯物の処理知識
●実技
 ①白・無地(綿35%以上のワイシャツ)のアイロン仕上げ、②繊維の識別、③しみの識別
願書申込み受付期間 都道府県ごとに違いますので実施団体まで、お問い合わせ下さい。
試験日程 都道府県ごとに試験時期が違います。
受験地 各都道府県指定の試験場
受験料 平成12年度より各都道府県が定めることに変わりました。
詳しくは、各都道府県の担当にお問い合わせください。
合格発表日 都道府県ごとにの発表。