視能訓練士
視能訓練士とは?
視能訓練士とは、交通事故や、病気などで視力を失った人や、弱視、斜視などの視機能に障害がある人に対して色覚、眼圧などの検査や訓練などを行う眼科診療における技術者です。
難易度 専門学校などで勉強し、受験するため、合格率は97%程と高い。
就職 全国各地のリハビリテーション施設、大学付属病院、総合病院、保健所、学校など。現在、視能訓練士の多くは女性です。
仕事内容 患者さんの中には病弱者・高齢者・子どもも多いため、思いやりや根気、責任感を持って、弱視、斜視などの視機能に障害がある人の治療を行います。
関連URL 厚生労働省
受験資格
  1. 大学入学資格を有し、指定学校・視能訓練養成所で3年以上勉強し、技能・知識を習得した者。
  2. 大学等で、英語・心理学・保健体育を選択し、教育・倫理・生物・精神衛生・社会福祉・保健のうち2科目を2年以上勉強し、指定施設等で1年以上視能訓練士として就業した者。
  3. 外国の視能訓練士学校、養成所を卒業、又は、外国で視能訓練士にあたる免許を受けた者。など
試験内容 ①基礎医学大要、②基礎視能矯正学、③視能検査学、④視能障害学、⑤視能訓練学
願書申込み受付期間 1月上旬〜中旬頃まで
試験日程 2月下旬頃
受験地 東京、大阪
受験料 15,800円
合格発表日 4月上旬頃