診療放射線技師
診療放射線技師とは?
診療放射線技師とは、さまざまな医療用機器や装置を扱いながら専門的な検査・診療を行う医療での理工学的専門知識と医学的基礎知識の双方を身に付けた医療技術者です。また資格を取得しなければ実践することが許されません。
難易度 専門の学校で勉強するので、合格率は70〜85%と高い。
就職 病院など診療関係のほかに、医療機器関係や医薬品関係、原子力関係など
仕事内容 医師の指示のもと、検査や治療のためにエックス線やCTスキャナーなどの特殊技術を使って診療や治療をサポートします。
関連URL 厚生労働省
受験資格
  1. 大学入学有資格者で、指定の診療放射線技師養成所等で3年以上、知識・技能を修得した者。
  2. 外国の診療放射線技術学校・養成所を卒業し、又は有資格者で1.と同等以上と認定された者。
  3. 診療エックス線技師、又は、診療エックス線技師試験を受けることができる者で、指定養成所で1年以上勉強し、必要な知識・技能の修得者と認定された者。
試験内容 ①基礎医学大要、②放射線生物学(放射線衛生学を含む。)、③放射線物理学、④放射線化学、⑤医用工学、⑥診療画像機械学、⑦画像工学、⑧エックス線撮影技術学、⑨診療画像検査学、⑩放射線計測学、⑪医用画像情報学、⑫放射線治療技術学、⑬核医学検査技術学、⑭放射線安全管理学(昭和58年法改正以前の診療エックス線技師試験の合格者等は、①、②、③、⑤、⑦、⑧、⑩、⑭が免除されます。)
願書申込み受付期間 1月上旬〜中旬頃まで
試験日程 2月下旬頃
受験地 北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、香川、福岡
受験料 11,400円
合格発表日 4月上旬頃