救急救命士
救急救命士とは?
救急救命士とは、救急救命士の名称を用いて医師の指示のもと救急現場や救急車内で、救急救命処置を行う専門家の国家資格です。
難易度 専門の養成所などで勉強するため、合格率は90%近い。
就職 消防機関および自衛隊。仕事以外の救急時にも役立ちます。
仕事内容 重度傷害者を病院などに搬送する途中において行われる気道の確保、心拍の回復のための処置などを行います。
関連URL 厚生労働省
受験資格
  1. 大学入学有資格者で、指定救急救命士学校・養成所(2年制)を卒業した者。
  2. 大学で1年以上公衆衛生学等13科目を修了し、指定校で1年の課程を修了した者。
  3. 医大等で公衆衛生学、臨床実習等を修了した者。
  4. 所定救急業務講習を修了し、5年又は2,000時間以上就業し、指定校で1年課程を修了した者。
  5. 外国で救急救命士学校卒業、又は、有資格者で1.2.3.4.と同等以上と認定された者。
  6. 看護婦(士)有資格者で、有資格者で1.2.3.4.と同等以上と認定された者。
試験内容 ①基礎医学、②臨床救急医学総論、③臨床救急医学各論1・2・3
願書申込み受付期間 1月中旬〜2月中旬頃まで
試験日程 3月下旬頃
受験地 北海道、東京、愛知、大阪、福岡
受験料 33,600円
合格発表日 4月上旬頃