獣医師国家試験
獣医師国家試験とは?
飼育動物の診療、施術、投薬など、動物に関する保健衛生の指導その他を仕事にする動物の為のお助けマンです。
難易度 難しい。
就職 ペット病院が一般的ですが、公衆衛生の向上において公務員や団体職員、企業が必要としている場合もあります。
仕事内容 病気のペットの治療ばかりではなく、飼い主に正しい飼育方法を指導する大事な仕事です。その他、衛生面の相談や指導も行います。
関連URL 農林水産省
受験資格 ●獣医師国家試験
  1. 大学に於いて正規の獣医学課程を修了した者。
  2. 外国の獣医学校卒業者又は、獣医師免許取得者で1.2.と同等以上の学力・技能の習得者。外国の獣医学校卒業者又は、獣医師免許取得で、獣医師予備試験合格者者。
●獣医師国家予備試験
外国の獣医学校卒業者又は、獣医師免許取得者で厚生大臣が認定した者。
試験内容 獣医師に必要な公衆衛生の知識に関して出題。
願書申込み受付期間 1月上旬〜中旬位まで。
試験日程 3月上旬の2日間
受験地 北海道、東京、福岡
受験料 13,900円
合格発表日 3月中旬頃