行政書士
行政書士とは?
行政書士とは、「街の法律家」といわれる書類と手続きのスペシャリストです。法律に基づいて行政機関に提出する許認可申請書類等の作成・提出・手続代理や契約書・遺言書等の権利義務、事実証明に関する書類の作成・代理などします。作成可能な書類はなんと5,000〜10,000種類にものぼります。
難易度 難しい。合格率は5%程
就職 行政書士事務所や独立しなくても企業ではとてもありがたがられます。独立するのであればダブルもしくはトリプルライセンスを取得するのがいいです。
仕事内容 行政機関に提出する許認可申請書類等や契約書・遺言書等の「権利義務、事実証明に関する書類」の作成・代理などの許認可申請代理を業とする。
関連URL (財)行政書士試験研究センター
受験資格 制限なし
試験内容 ●業務に関する法令
①憲法、②行政法、③民法、④商法、⑤基礎法学
●業務に関する一般知識
①政治・経済・社会、②情報通信・個人情報保護、③文章理解
願書申込み受付期間 8月上旬頃〜9月上旬頃まで
試験日程 11月第2日曜日
受験地 全国47都道府県
受験料 7,000円
合格発表日 翌年1月下旬頃