弁理士
弁理士とは?
税理士とは、税務に関するプロです。税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、 納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。
また、税理士名簿への登録を受けることによって「税理士」となり、税務をおこなうことができるようになります。
難易度 難しい。最終合格率は6〜9%程
就職 好不況に関係なし。豊富な知識を活用して独立できます。裁判所、大学、研究所、企業等にも就職に有利です。
仕事内容 法的手続において当事者の代理人、被告人の弁護人として法廷で主張・弁護等を行うほか、各種の法律に関する事務を行う。
関連URL 特許庁
受験資格 特になし
試験内容 ●筆記試験(短答式筆記試験)
 ①工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令、②工業所有権に関する条約、③著作権法、④不正競争防止法
●筆記試験(論文式)
 □選択科目・・・・あらかじめ1.〜6.の中から1科目選択し、その中から1つの問題を選択し解答します。
  1. 理工Ⅰ(工学)
    ①基礎材料力学、②流体力学、③熱力学、④制御工学、⑤基礎構造力学、⑥建築構造、⑦土質工学、⑧環境工学
  2. 理工Ⅱ(数学・物理)
    ①基礎物理学、②計測工学、③光学、④電子デバイス工学、⑤電磁気学、⑥回路理論、⑦エネルギー工学
  3. 理工Ⅲ(化学)
    ①化学一般、②有機化学、③無機化学、④材料工学、⑤薬学、⑥環境化学
  4. 理工Ⅳ(生物)
    ①生物学一般、②生物化学、③生命工学、④資源生物学
  5. 理工Ⅴ(情報)
    ①情報理論、②情報工学、③通信工学、④計算機工学
  6. 法律(弁理士の業務に関する法律)
    ①民法、②民事訴訟法、③著作権法、④不正競争防止法及び私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律、⑤行政法、⑥国際私法
●口述試験
 工業所有権(特許・実用新案、意匠、商標の3科目)に関する法令について各科目10分程度。
願書申込み受付期間 4月上旬頃の10日間ほど
試験日程 ●筆記試験(短答式筆記試験)・・・・5月下旬頃
●筆記試験(論文式)・・・・7月上旬頃
●口述試験・・・・10月中旬〜下旬頃
受験地 ●筆記試験(短答式筆記試験)・・・・仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
●筆記試験(論文式)・・・・東京、大阪
●口述試験・・・・東京
受験料 12,000円
特許印紙を願書に貼付け納付します。
合格発表日 1ヶ月〜2ヶ月後位